【給料日まであと2週間あるのに残金たったの2円!】人生最大のピンチを乗り切る劇的な裏技!




 

「やばい‥もう財布にお金が残ってない」

「昨日パチンコで大勝負しなきゃ良かった…」

「小銭入れに残ってるのは1円玉2枚のみ…」

 

 

俺はもうあかんわ…。

給料日までまだ2週間もあるのに残金たったの2円…。

どないして生きてくんだ俺…?

 

 

やっぱり昨日の会社帰りに寄ったパチンコ屋がアカんかった。

お金ないくせに一か八かの勝負をしたのがあかんかった。

あの時の俺はどうかしてたんや…。

残りの手持ちの5000円札を見た俺は「これを倍、いや5倍にして豪遊したるわ!」なんてしょーもない発想を持ってしまった。

これが俺の運の尽きやった…。

 

 

 




最初のパチンコ運はごっつ良かったんや…

 

パチンコ屋に入った俺。

なんかこの日は意味もなく「俺は今日ツイ取るわ」という自信があったんや。

なぜか「勝てる!俺は絶対に負けへん!」ってな訳わからん直感があったんや。

 

 

最初その直感は当たってたんや。

最初の10分で俺は当てまくった。

バンバン当たってた。

これで俺は給料日までの生活費を稼げた!ってガッツポーズをしてたんや。

 

 

でも、人間ってよく深いねん。

「今日は俺、絶対に負けへんわ」

なんてさらに自信ついちゃってもうてな。

生活費に残せばいい分をさらに調子乗って勝負してもうたんや。

 

 

そしたら、もうおもろいほどに玉が台に吸い込まれていくねん。

「これ、絶対おかしいやん!詐欺や!」ってなほどに吸い込まれていくねん。

さっきまでと全然違う。

人間、こんな状況になるとな、びっくりするような行動起こすんや。

「ふふーん。でも俺は絶対に負けへん」

なんて最初のイメージを引きずってしまうねんな…。

でも、世の中甘くなかったわ。

どんどん手持ちの玉が台に吸い込まれていき、結局俺はオケラになってもうたんや…。

 

 

 

 

頼みの銀行口座から引き出そうと…

スッカラカンになった俺は銀行口座の残高をスマホで確認した。

「582円‥」

これに手持ちの小銭入れの2円と合わせて584円が俺の全財産やった。

 

だがスッカラカン状態の俺にとって500円は尊い存在だった。

安い食パンやらを変えるお金だからやった。

でも、神は俺を見放した。

1000円未満の預金残高は引き出せんかったからや。

 

 

1000円札未満の小銭は口座から引き出せんかった。

俺に416円の現金があったら、それを預け入れて1000円札を引き出せたかもしれん。

でも、俺にはそんな小銭さえもなかった。

まさかの事態だった。

俺は正真正銘「給料日までたったの2円で過ごさなければいけない」男になってもうたんや。

 

 

 

クレジットカード使えばええやん!そう思たやろ?

 

手持ちの現金がない、預金口座にもないならクレジットカード使えばええやん!って思うやろ?

給料日にはちゃんとお金入ってくるなら、クレジットカードで糊口を凌げばええやん!って。

 

甘い。

非常に甘い。

 

なぜなら俺はブラックリストに載ってるからや。

俺はすべてのクレジットカード(といっても3枚やけど)を止められていた。

だってな、クレカって魔法の杖、いや打ち出の小槌やん?

あんな薄っぺらいカード一枚でどんどん買い物できるやん?

ついつい使ってまうやろ?あれ。

 

 

そんなこんなでカードを使いまくった俺はなんども「引き落とし不可」を繰り返したんや。

そしたらカード会社がガンガン電話してきてな。

「次、引き落としできない場合カードを返却していただきます」

なんて脅迫受けたんや。

 

 

んな、アホな。

おれはちゃんと給料もろてる会社員やで?ちゃんと返したるがな!

なんて強気に出てたらほんまにカードを止められてもうたんや…。

 

ってなわけで俺はクレジットカードで給料日まで生き延びる術を封じられたんや…。

 

 

 

 

メルカリで私物を売り捌く!のは

 

手持ちの金が尽きた俺は、私物を売ることを考えた。

部屋を見渡し売れるものを物色した。

 

やはり一番高いのはテレビだろうか…。

でも、このテレビは10年前に買った19型の小さいテレビだ。

こんなん買ってくれるやつがいるんかな?とは思いつつ、スマホで写真を撮ってメルカリに出品してみた。

 

 

1時間、2時間経った。

だれも買ってくれへん。

仕方なく価格を下げた。

なんと3980円や。

サンキュッパ。

 

 

これでやっと売れた。

おれのテレビがなんと3980円…。

でも背に腹は変えられへん。

 

 

 

だが、3980円は俺の懐には入ってけえへんかった。

メルカリへの手数料に送料が引かれておれには3000円しか入ってこなかった。

でも、仕方あらへん。

なんてったって俺は残金2円の男やから。

これで、なんとか給料日まで生きていけるかもしれへん…。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました