PR

【infj特有の「ドアスラム」の対処法を解説】今すぐ動けば元通りの関係になる可能性は高い!



 

INFJっていうのは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケータ)でいう性格のタイプの一つで、内向的(Introverted)、直感的(Intuitive)、感情的(Feeling)、計画的(Judging)な特徴を持っとるんや。このタイプの人はめっちゃ稀で、人口のわずか1〜3%しかおらへんと言われてるんやで。深く物事を考え、他人の感情に敏感で、道徳的な価値を重んじる性格やねんな。

 

では、なんでこんなINFJが「ドアスラム」とかいう行動をとるんやろか?これは、自分の内面の平和と調和を守るためや。INFJは他人の感情に対して非常に敏感で、人との深いつながりを大切にするけど、それが過ぎると自分の精神的なエネルギーがすり減ってしまうんや。

そんで、自分を守るために、もうこれ以上関わらんと決めた人との関係を急に断ち切るんや。これが「ドアスラム」やねん。信じられへんほど傷つくことやトラブルから自分を守るための、一種の自己防衛策なんや。

 




「ドアスラム」現象って一体何!?

「ドアスラム」やけど、これはどんな行動なんやろな?簡単に言うと、INFJの人が他人との関係を突然に、完全に断ち切ることや。思いやりがあって人の気持ちをよく理解するINFJやけど、自分の感情が何度も傷つくと、「もうええわ」と決断して、その人との関係を一切絶つんや。まるでドアをバタンと閉めるみたいにね。

具体例を挙げたるわ。例えば、INFJがある友達とずっと仲良くしてたとする。その友達が、INFJの感情や価値観を何度も無視したり、裏切ったりする場面が続いたとしよう。INFJはそんな状況に対してずっと我慢をして、相手を理解しようと努力するけど、ある時点で「もう限界や」と感じて、その友達との関係を完全に切り捨てるんや。

 

 

この「ドアスラム」の引き金になるのは、大抵が感情的な裏切りや、深い信頼の裏切り、あるいは自分の価値観や原則を繰り返し踏みにじられることやな。INFJにとって、自分の内面の平和と調和を保つことが何よりも重要やから、それが脅かされると、自分を守るために相手との縁を切るという選択をするんや。

この行動は、周囲の人には突然や衝撃的に映ることが多いけど、実際には長い時間をかけて心の中で葛藤し、最終的には自分を守るための選択として「ドアスラム」に至るんや。だから、INFJがどんなに友好的で感情豊かに見えても、彼らが心の中でどれだけ深く感じているかを理解することが大事やね。

 

 

「ドアスラム」の影響はどこまで?

「ドアスラム」があると、関わってる人間関係にはえらい影響が出るんや。この行動がどんな風に周りに響くか、ちゃんと理解してもらわなあかん。

まず、友情における影響やな。INFJが「ドアスラム」を使うときは、その友達との関係を完全に終わらせるってことやから、もうその人とは連絡を取らんし、交流もせえへん。友達にとっては突然すぎて、「何がいけなかったん?」って混乱することが多いねん。長い間築いてきた信頼や絆が一瞬にして消えてなくなるわけやから、残された側は置いてけぼりを食らった感じで、深い傷を負うこともあるんや。

 

職場での「ドアスラム」も同じように厄介や。INFJが上司や同僚との間で「ドアスラム」をすると、その後のチームワークやプロジェクトに影響が出ることがあるんや。たとえば、INFJが重要なプロジェクトのリーダーやってて、信頼できると思ってた同僚から裏切られたと感じたら、「もうええわ」とそのプロジェクトから手を引いてしまうかもしれん。すると、他のメンバーが急に負担を背負うハメになって、仕事の進行に支障が出ることもあるんや。

長期的な影響としては、INFJ自身にもマイナスがあるんや。一度「ドアスラム」をしてしまうと、その人との関係はもちろん、周りの人たちとの信頼関係も損なわれることがある。また、「ドアスラム」を繰り返すことで、他人と深い関係を築くことが難しくなる可能性もあるんや。

このように、INFJの「ドアスラム」はただの自己防衛策やけど、その結果として多くの人が影響を受けるんや。だから、この行動を理解し、適切に対処することが大切やね。

 

 

対処法は?INFJとの関係を健全に保つには

INFJとの付き合い方で一番大事なのは、相手の気持ちに寄り添うことや。感情を理解し、共感を示すことがええ関係を築くカギやな。

まず、コミュニケーションやけど、INFJは心が広くて、何でも話せるように思われがちやけど、実は内心では色々と抱え込んでることが多いんや。だから、話をするときは相手が心を開いてるタイミングを見極めることが大事。たとえば、INFJが何かに集中してる時や疲れてる時に重たい話を持ち出すのは避けた方がええ。リラックスしてる時や、自分から何か話し始めた時が、話を深めるチャンスやで。

 

次に、境界線の尊重や。INFJは人の問題を自分のことのように感じ取ることがよくあるから、時には自分の感情を守るために、距離を置くことが必要や。例えば、あんたが大きな悩みを抱えてても、それをいつもINFJに頼るのは控えた方がええ。そうすることで、INFJが自分の感情をオーバーロードせずに済むし、お互いの関係も長持ちするやろう。

INFJの感情への敏感さを理解することも大事や。彼らは人の気持ちを深く読み取るから、小さな言動でも大きく受け取ってしまうことがあるんや。だから、言葉選びに注意し、できるだけクリアで、誠実なコミュニケーションを心がけること。もし誤解があったら、すぐに正直に話し合い、事情を説明することが解決につながるんや。

 

 

このように、INFJとの関係を良好に保つためには、彼らの感情や心理を理解し、適切なコミュニケーションと配慮が求められるんや。相手の心の扉をガチャガチャと無理に開けようとせんと、自然に心を開いてもらえるような接し方を心がけることが大切やで。

 

 

INFJ自身のためのアドバイス

この記事を読んどるあんたは、INFJから距離をもたれて困っとると思う。

でも、ひょっとしたら自分自身がINFJで「どうしてもドアスラムしてまうんや…」という方もいるかもしれんから、一応書いておくで。

 

 

INFJのみなさん、自分の感情管理やストレス対策、健康的な人間関係の築き方について、ちょっとしたアドバイスをシェアしたいと思います。

まず、自己認識が大事や。INFJは他人の感情に敏感すぎることがあって、それが時には自分自身の感情を見失う原因になることもあるんや。自分の感情や反応を日記に書いたり、心の動きを観察する習慣をつけるとええ。たとえば、「今日はこんなことで怒ったけど、なんでやろ?」みたいに自分自身の感情のルーツを掘り下げていくんや。これによって、自分自身の感情パターンを理解しやすくなるで。

次に、感情の管理やけど、メンタルなストレスがたまりやすいINFJには、リラクゼーションの技術が特に重要や。瞑想やヨガ、深呼吸などを日常に取り入れて、心の平静を保つことが大切や。具体的には、毎日のルーティンとして、朝や夜に10分間だけ瞑想する時間を作るんや。これだけで、一日のストレスがぐっと減ることを感じるかもしれん。

健康的な人間関係を築くには、自分と他人との境界線をしっかりと引くことや。人の問題を自分の問題として受け止め過ぎず、相手の問題に対して過剰に反応しないよう心がけること。例えば、友達が悩んでるときは、アドバイスをする前に、「どうしたらいいと思う?」って聞いてみる。これによって、解決策を一緒に考える関係が築けるし、感情的な負担も軽くなるんや。

最後に、たまには「ノー」と言う勇気も必要や。自分にとって過重なお願いや、心地よくない誘いは断ることができるようになると、自分の心を守ることができるんや。これが自己尊重の第一歩やね。

 

以上のように、自己認識を深め、感情の管理をしっかりと行い、健康的な人間関係を築くことで、INFJのみなさんももっと自分自身と向き合う時間が持てるようになるで。自分の内面と上手く付き合いながら、充実した日々を送っていただきたいと思います。

まとめ

「ドアスラム」は、INFJが自分を守るために使う最後の手段やけど、この極端な行動を避けるためには、お互いの理解と尊重が必要やな。

INFJの人たちも、自分の感情や限界を周りの人に伝える努力が必要や。自分の心理状態を正直に伝えることで、相手も理解しやすくなるし、無理解や誤解による問題を未然に防げるかもしれへん。また、相手の立場や感情を理解しようとすることで、無用な衝突を避けられるんや。

健康的な人間関係を築くための締めくくりのアドバイスとしては、常にオープンなコミュニケーションを心がけることや。小さな不満や悩みも積もり積もると大きな問題に発展するから、こまめに話し合い、互いの期待や感情をクリアにしておくことが大切や。互いに心地よい距離感を保ちながら、支え合える関係を目指そう。

最後に、人とのつながりは大切やけど、自分自身とのつながりも同じくらい重要や。自分自身の感情やニーズを大切にし、それを他人にも伝えることで、より豊かで健康的な人間関係が築けるで。互いに理解し、尊重し合うことで、INFJも「ドアスラム」に頼ることなく、安心して関係を続けることができるんやで。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました