住宅ローン月8万円、本当にきついのか?〜真実と対策を徹底解説〜




 

おおきに、みなさん。今日のテーマは「住宅ローン、月8万円ってホンマにきついの?」や。住宅ローン、一回は耳にしたことあるでしょ?これがな、一家の大黒柱やったり、新婚さんやったりにとって、大事なんは言うまでもないわな。でも、そやからって、毎月8万円も払うってなったら、ほんまにそれが「きつい」もんなんか?そこについて考えてみようかと。

月8万円って金額、一見、なかなかの額やな。食費や教育費、それに光熱費やらなんやら、他にも出ていくお金いっぱいあるし。そんな中で、住宅ローンだけに月8万も払うなんて、よっぽど余裕がある人やないと無理やん!って思ってる人、多いと思うわ。

でも待ってほしいで。この記事を読んでくれているあんたが、月8万円の住宅ローンがどれだけ「きつい」もんなのか、ホンマに理解してるんか?それとも、ただの先入観か怖れで、本当はもっとラクできる方法があるのに、それを知らんだけなんちゃうか?

 

 

この記事では、そんな疑問にズバッと答えていくで。具体的な数字も出して、理論的にもしっかり説明するわ。だから、最後までちゃんと読んで、ほんまに月8万円がきついのか、自分で判断してみてな。

どうやら、この住宅ローンの月8万円問題、一筋縄ではいかんようや。だからこそ、今すぐ答えを求めんと、ちゃんと考えてみようやないか。それがこの記事の目的やで。よろしくお願いしますで!

 

 

 




なぜ月8万円が「きつい」とされるのか?:サラリーマン世帯のリアル

さて、なぜ多くの人が月8万円の住宅ローンを「きつい」と感じるんやろか?ここでちょいと一般的な世帯収入と比較してみようや。

日本の一般的なサラリーマン世帯の収入って、ざっくり言って年収400~600万円くらいやとされてるわな。これを月に直すと、だいたい33万~50万円くらい。その中で月8万円の住宅ローンを払うってなると、収入の16%~24%が住宅ローンに消える計算や。

 

そやけど、それだけじゃないで。食費、光熱費、保険、子どもの教育費やら何やら、他にも固定費がゴロゴロしてるわけ。特に子育て世代やったら、教育費で月数万円はすぐ飛んでくわ。そんな状態で月8万円も住宅ローンに回すわけやから、そりゃ「きつい」と感じる人も多いわな。

でもちょっと待った!これが全てちゃうで。この後で説明するけど、実は「きつい」って感じるのは、知らないだけで解決できるポイントもあるんやで。どういうことか、次の章でばっちり明らかにしていくから、続きもお楽しみにな!

 

 

月8万円の住宅ローン、本当にきついのか?:数字で見るリアル

「月8万円の住宅ローン、マジできついんか?」そんな疑問にお答えするために、ちょっと数字を使って詳しく解説してみようか。

 

金利、返済期間、保険の影響

まず、金利やね。低金利時代やから、月々の返済額を抑えられる可能性もあるんやで。例えば、金利が1%で35年ローンやったら、月8万円でもそれなりの金額の家が買えるわけや。

返済期間も大事。短くすれば月々の負担は増えるけど、トータルで払う金額は減る。逆に、期間を長くすれば月々は楽になるけど、最終的には多く払うことになるわな。

保険も考慮に入れてな。万が一のための保険に加入してると、それが何らかの形で月々の返済に影響する場合もあるから注意が必要や。

 

実際の事例に基づいた試算

さて、ここで実際の事例を出してみよう。Aさんは年収600万円、Bさんは年収400万円。どちらも月8万円の住宅ローンを考えてるとする。Aさんなら月々の返済が収入の16%やけど、Bさんはなんと24%も収入から差し引かれる計算になる。

でも、これが全てじゃない。生活費や他の固定費を差し引いた後でも、しっかりと貯金できる余裕があるかどうかが大事。Aさんが贅沢をして生活費が多い場合、結局はBさんの方が余裕を持って住宅ローンを払える可能性もあるんや。

要するに、月8万円の住宅ローンが「きつい」と一概に言えるわけじゃない。いろんな要素を考慮に入れて、よーく計算してみなあかんねん。

 

 

 

月8万円がきついと感じる場合の対策:手痛い返済からの脱却方法

「月8万円、いや~、ちょっときついわ~」って思ってる人には、この部分が特に重要やで。どうしたらその”きつさ”を和らげられるか、具体的な手段をいくつか紹介するわ。

 

金額を下げるための手段

  • リファイナンス: これは要するに借り換えやねん。金利が下がってるタイミングで、新たな住宅ローンに切り替えることで、月々の返済額を下げられる可能性がある。
  • ボーナス払い: 年に数回、ボーナスで大きな額を一括返済することで、月々の返済額を少しでも抑える手がある。

 

収入を増やす方法

  • 副業: 今は副業も一般的になってきてるから、何かスキルや特技を生かして収入を増やすのも手やね。
  • 資格取得: 長期的に見て、何らかの資格を取ることで収入が上がる可能性もある。でも、資格取得にもコストがかかるから、よーく計算してから決めてな。

 

月8万円がきついと感じるなら、まずは自分の状況をしっかりと分析して、どれが一番効果的か考えてみてや。何とかする手段はいくつかあるから、諦めずに色々と調べてみようや。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット:プロの目線で”ええ”選択をしようで!

お金のこと、特に大きな買い物やローンのことは誰しも悩むもんやから、プロに意見を聞いてみるのは良い選択やで。なんでかって?それは以下の2点に集約されてるわ。

 

  1. 専門的なアドバイスが受けられる
    ファイナンシャルプランナーはお金のプロやから、あんたがどうしようもなく思ってることに対して、めっちゃええアドバイスをくれる可能性が高いねん。月8万円のローンが「きつい」って感じる理由や対策、そもそもの買い方まで、色々教えてくれるで。
  2. 総合的な資産計画を立てられる
    家購入はただの一部分や。将来のことまで考えて、どう資産を形成していくかってのも、この人らがアドバイスしてくれるんや。つまり、ただのローン返済だけやなくて、人生全体で考えたときに「ええ」か「あかん」かも教えてもらえるってわけや。

 

とにかく、どんな小さな疑問や悩みもこの専門家に話してみ。それが一番ええ選択に繋がるんやで。

 

 

まとめ:月8万円のローン、本当に”きつい”のか?専門家に聞いてみようで!

月8万円の住宅ローンが「きつい」と感じるかどうか、それはほんまに人それぞれやで。一家の収入や他の支出によって、「きつい」って感じる人もいれば、「全然平気」って人もおる。状況は十人十色やから、一概には言えへんんや。

でも、もし「きついなぁ」とか「何とかならんのかな?」って思ったら、やっぱり専門家、つまりファイナンシャルプランナーに相談するのが一番手っ取り早いんやで。こいつらはお金のプロやから、あんたがどれだけ「きつい」か、どうやったら「楽」になるか、そんなアドバイスをしてくれるんや。

収入を増やす方法から、金額を下げるテクニックまで、いろんな角度からアドバイスをくれるから有用やわ。例えばリファイナンスやボーナス払い、あるいは資格を取って副業するとかね。

言うても、最後は自分で決断せなアカンけど、その前に色んな選択肢とリスクを知っておくことが大事。だから、月8万円が「きつい」と感じたら、まずは専門家の意見を聞いてみて、それから具体的な対策を考えようやないか。

ほんで、それがどれだけあんたの人生にプラスになるかを考えてみ。たぶん、その方がずっと安心して、賢い選択ができるんちゃうかな。

 

→TOPへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました