【関西人が説明するペット可賃貸物件はやめたほうがいい理由】家を選ぶ前に考慮すべき5つのポイント




 

 

やあ、みんな!ペットと一緒に暮らしたいんやったら、ペット可賃貸なんかめっちゃ便利やろ?

ワンちゃんやニャンちゃんと一緒に家でくつろげるんは、幸せそのものやと思うで。

 

でもな、ちょっと待ってほしいで。それが夢みたいに聞こえるかもしれんけど、現実はそう甘くないんやで。ペット料金が高いってこともあるし、近所とのトラブルになる可能性もゼロちゃう。ペットのサイズや種類に制限があるところも多いんや。

 

 

→【体験談】ペット可賃貸が狭いのに高すぎるから家を買ったお話

 

 




高額なペット料金

さてさて、最初に話しておきたいのが、この「ペット料金」や。一回聞いたら、「ええんか?それだけ?」って思うかもしれんけど、実はひっそりとお財布にダメージを与えてくるんやで。

まず、初期費用として取られるペット料金。これがもう、ガツンと来るんや。敷金や礼金に加えて、わざわざ「ペット料金」っていうのも取られることが多い。そやから、入居するだけで結構な出費になるんや。

次に、更新料やで。一般的な賃貸でも更新料はあるけど、ペット可賃貸では更にペット料金がプラスされる場合もあるんや。つまり、更新するたびに余計な費用が発生する可能性があるわけ。この部分、契約前にしっかり確認しておかなアカン。

ほんまにペットと一緒に住むためだけに、そのくらい出せる金額なんか?よう考えて、賢く選ぼうや。想像以上にお金がかかるから、後で後悔しないようにな。

 

 

 

制限事項とルール

ペット可賃貸やめたほうがいい

 

いいか、次に気をつけなアカンのが「制限事項とルール」や。せやからといって、何でもかんでもペットと一緒に住めるわけやないんやで。特にペットの種類やサイズに関する制限があることが多いんや。

例えば、犬や猫はOKでも、爬虫類や小動物はダメ、なんていう場合もある。また、小型犬だけ許可してて、大型犬はNGなとこもよくある。この辺り、事前にしっかり確認しておかな、せっかくのペットとの生活が水の泡になるで。

そやから、共用部分でのルールもしっかり守らなアカン。エレベーターや廊下、庭とかでも、ペットがウンチしたらすぐに片づける、騒がせないようにする、とかな。近所とのトラブルにならんように、マナーはしっかり守ってな。

ええとこ見つけたつもりでも、ルールや制限で引っかかると泣きを見るで。ちゃんと確認して、後で「せやった!」ってならないように気をつけてな。

 

緊急時の対応

ほな、最後に大事なのが「緊急時の対応」や。普段は何もなくても、災害や急病が来たらどうすんのか、その計画がしっかりしてな、大変なことになるで。

例えば、地震や台風なんかが来たら、ペットも一緒に避難できる場所はあるか?それとも、避難所がペット不可やったらどうするんや?この辺、事前にしっかりと調べておく必要があるんや。

次に、ペットが具合悪くなった時の緊急対応や。近くに動物病院があるか、そこの病院が夜間や休日でも対応してくれるかも大事なポイント。何かあった時に、すぐに対応できるように、情報はしっかり収集しておこう。

緊急時の対応ができる環境が整ってなかったら、せっかくのペットとの生活も安心して楽しめないで。だから、この部分もしっかりと準備しておくんが大事やで。

 

 

それから、災害が来たらどうすんの?急にペットが具合悪くなったらどこの病院に行くんや?そんな緊急の時の対応計画もちゃんと考えとかんとあかん。

 

 

だから、ペット可賃貸を選ぶ前には、いろんなことをしっかり考えといたほうがええで。この記事では、そんな注意すべきポイントをいくつか紹介するわ。

 

とりあえず、よう考えてから決断しような。せっかくのペットとの共同生活、最高のもんにしたいやんか。それには、ちゃんとした準備と知識が必要なんやで。

 

 

 

近隣との関係

ペット可賃貸やめたほうがいい

 

さて、忘れちゃいかんのが「近隣との関係」や。アパートやマンションなんかでは、騒音や臭いで他の住人とトラブルになることもざらやからな。

たとえば、わんちゃんが夜中に吠えるとか、にゃんこのトイレの臭いが部屋から漏れてきたら、近所の人が苦情を言ってくる可能性もあるで。こんな時はどうすんのか、しっかり考えておかなアカン。

予防策としては、ペット用の防音材や消臭スプレーを使うのがええかもしれん。それと、近隣の人と良好な関係を築くことも大事や。何かあった時に、すぐに対応できるようにしておくと安心やで。

トラブルにならないように、事前にしっかりと対策を練っておこう。そうすれば、ペットともども安心して快適に暮らせるんやで。

 

 

 

契約更新と退去時の注意点

いよいよ最後や。この辺もよー考えんといかんで。「契約更新と退去時の注意点」や。更新する時に、ペットに関する条件が変わる場合もあるから、そんなんには要注意や。

たとえば、契約更新時に「ペット不可」になってもうたらどうするんや?それとも、ペット料金が上がる、とか。こんな時は、あらかじめ確認して、どう対応するか考えておかないと困るで。

退去時の話になると、特に「クリーニング費用」が気になるところやな。ペットがいるからと言って、通常よりも高額なクリーニング費用を請求されることもあるから、その辺はしっかり確認しておこう。

総じて、契約更新や退去時も、ペットと一緒に住む上での重要なポイントや。ちゃんと計画して、後から困らんようにしとこうな。

 

 

最後の考慮点

ほんで、最後に一言言わせてもらうと、ペット可賃貸も一概にはおすすめできんのや。確かに、ペットと一緒に住めるって素晴らしいことやけど、その裏には色々と考えんとあかんことも多いで。

初期費用や更新料、近隣との関係、緊急時の対応など、しっかりと計画して、最良の選択をしようや。あとで「せやけどなぁ~」なんて言わないように、最初からよーく考慮して、納得のいく選択をしとこうな。

以上が、ペット可賃貸についての注意点や。参考にして、ペットと幸せな生活を送れるとええなぁ~。

 

→TOPへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました